2008年08月12日

ナチュ、パパが行ったよ。

実は一昨日・・・、ナチュ&ピチュのパパ、とわくんの訃報が届きました。

ある日おしっこが出なくなって、腎臓が悪いって入院治療。
明日は退院できますよって言われた後に、癲癇のような発作を起こしたのだそうです。
先生もびっくり・・・。
MRIでも調べたけれど、原因も判らないまま・・・・。

8月8日でした。

とわくんのご家族は、最後にそばにいてやれなかったけど
とっても安らかな顔をしてましたって。

とわくん、苦しまなかったんだよね。
あっちに行ったらナチュを見つけてね。

近々、とわくんの画像をアップしようと思います。

とわくんありがとう。
私、沢山の幸せもらったよ〜。揺れるハート
ほんとうにほんとうにありがとう!

              070306_1355~0003.jpg

ニックネーム ふーあ at 01:45| Comment(2) | 出会いにまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

まん丸お月様

今日は十五夜なんですね。
毎年十五夜のまん丸のお月様は見逃している気がしたので
今日は画像なんか撮ってみました。
デジカメと私、どちらも力不足・・・。(笑)

DSCN3650.jpg

今日は昼間の空も、雲がきれいでしたよ。

DSCN3640.jpg

DSCN3641.jpg

DSCN3642.jpg

9月20日はドレミが我家に来た日でした。
9年前のことです。

そして27日はハネルが来た日。
2年前。

10月6日はメイプルが来た日。
11年前。

そうだ、みんな7月生まれなんだもんね。

なんか突然にこんなことが頭に浮かんだので書き留めてみた。
どの子の時の事も、鮮明に記憶している。

メイプルを受け取った時に買わされた(笑)シャンプーのラベルの
ヨークシャーテリアの顔とか・・・・・。

ドレミを連れて帰る途中、娘とペロピーと一緒に
ニギロカフェ(当時は違う名前だったけど)でチキンカツレツを食べたこととか。

ハネルはついこの前のことのよう。

月日の経つのはあっという間なんだ。

もっとゆっくり、
みんなとじっくり向き合おう。

なんてあらためて思ったりする秋の夜長でありました。






ニックネーム ふーあ at 23:57| Comment(4) | 出会いにまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

里親になると言う事

広島どっぐぱーくの子達の、里親募集が始まりますね。
初回の譲渡会が、10月21日・土曜日と10月22日・日曜日、
ドッグパーク現地にて行われます。

当日のボランティアさんも、沢山募集されていますので、
関心のある方はこちらをご覧になってみてくださいね。

広島ドッグパーク譲渡会開催

エントリー頭数は506頭だそうです。
(パークに残ってている子が450頭と、大阪に運ばれた子等を合わせての数です。当日、トライアル契約(お試し飼育)で連れて帰ることが可能な子は、もっと少ないと思います。)

飛んで行きたい気持ちでいっぱいですが、うちの子たちも朝晩のご飯が必要です。
子(犬)連れで行ってもただの足手まとい・・・。



下記は、広島の事件に関連して、「ここにもいます!」と
紹介されていた、別の施設の里親募集のサイトです。
初めて覗いた時に比べ、次々と里親決定の記載が増え、驚きました。
しかも決定した子の中には、障害や病気を抱える子が少なく無かったのです。
大変な子から引き取られていく事に暖かいものを感じていたのですが、
愛護団体の方も引き取られたと、他の方のブログの書き込みで拝見しましたので、
まだそちらの団体の保護下にあるのかも知れませんね・・・。
それにしても、残された老犬の行く末も心配です。

とうほくニュージーランド村

(岩手県奥州市)

ふれあい館ワンワン牧場閉館の

お知らせ


チワワのチップくんは、一度決定していたのに戻ってきてしまっています。
注意書きに「人見知り」とありました。
我家のジョンジョンのような子かなぁ・・・。(涙)

そうなんですよ。
我家にも、「里親」として引き取った、
ジョンときなこがいます。
迎えたときのこと他、↓にも書いてます。

2006年06月02日の日記、どこから迎える?

「里親」

と言う言葉について、いつも頭のどこかで考えているのですが、
ジョンきなは、たまたま迎えたときにすでに大人だっただけで、
私にとっては「神様からの預かり物」と言うことでは、他の誰とも変わりが無いのです。
お金を出して買った子も、我家で生まれた子も、
もっと言えば、お腹を痛めて産んだ人間の娘も、「神様からの預かり物」なのです。

「神様からの預かり物」を、大切に大切に育てる責任上、
これ以上預かっても良いかどうかは、やっぱり「神のみぞ知る」なのだろうと思います。

出会うときは出会う。
出会うべくして出会う。
それは運命なのだね。

・・・と思うのです。(^O^)

と、行きたい気持ちをぐっと堪える。
言い訳じゃないぞっ!

きなこ ベロダシアップ 2006-06-21.jpg



ニックネーム ふーあ at 13:31| Comment(4) | 出会いにまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

どこから迎える?その2

どこから迎える?その2、ハネル編です。

我が家の末っ子ハネルとは私の大嫌いなインターネットの生体オークションで出会いました。
常々「命あるものをオークションで売るなんて!」と思っていた私。
オークションは見るのも嫌い。買うのもバカ。
と思っておりました。

そんな私がめでたく(?)バカデビュー。

オークションサイトを訪れた理由は、ただ可愛い子犬を見たいなあ、と言う単純な欲求だったのです。
でもやっぱり、「オークションなんざ見るもんじゃない。」と言う持論をバックアップするような「売り文句」を多々目にし、ページを閉じようと思い始めた頃に、ハネルを見つけてしまいました。

これが一目ぼれ画像。↓「ぶちゃいくで可愛い面ずれくん」

54593213_2.jpg

目が合うなり気になって気になって・・・。
おまけにお誕生日が私と同じ日だったのです。(^_^;;

こんな事で「運命」を感じるのは間違ってる!
それに何より、我が家には可愛い子が6匹もいて、何の不満も、これ以上増やしたいと言う欲求も無くて・・・。

なのに「ぶちゃいくで可愛い面ずれくん」のことが気になり、毎日見に行っていました。(^_^;;
何日か経っても入札されない面ずれくん、出品価格は涙が出そうな安価です。
そして数日後、これまたビックリするような安価で落札されました。
コレでお別れ。幸せになっておくれ!と諦めました。

ところが数日経って、よせばいいのにまたオークションサイトを覗いてしまった私。
そこには「再出品」された「ぶちゃいくで可愛い面ずれくん」が・・・。(出品価格は6倍になってました。笑。)

これはもういけません!顔(汗)
何で?何で?どうして?どうして?
考えてばかりで行動に移せない私に友人が言いました。
「明日なら付き合えるよ〜。」

見るだけと自分言い聞かせ、隣県のペットショップまで、
「ぶちゃいくで可愛い面ずれくん」に会いに行ってしまいました。
こうなれば後は言わずと知れたお決まりのコース。
見れば抱っこ、抱っこすればノックアウトですね。あははは〜・・・。

いろいろ不満はあります。
不審に思うこと(ワクチンのことやヘルニアのこと)もあり数日間メールのやりとりなどもしましたが、
取りあえずインターネットで出会ったにしては、ラッキーだったのかな?と思うのは、
命に関わるような病気や、他の子にうつるような病気を持っていなかったこと。
血統証がその場で受け取れたので、お里が判ったこと。

でもね、こんな事をラッキーと思うようではやっぱりバカなんですよ。
やっぱり生体をオークションで売るべきではないし、買うべきでも無い。
どうか皆さんも、こんな出会いをしてしまったら、自分がバカであることを認め、
バカはバカなりの責任感を持って、「運命の子」を迎えてあげてくださいね。

追記ですが・・・。
仔犬を迎える余裕があるのなら、安住の場を求めている子を引き取ってあげる事が出来たのでは無いか・・・と、ほんの少し自責の念にも駆られます。
でも、出会いはタイミングとフィーリング。誰でも引き取れば良いというものではないですよね。
やはりその子との相性、何より愛情を持って迎えられるかによると思うのです。
人と人、そして人と犬も、出会うべくして出会うのだと思います。

ニックネーム ふーあ at 13:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 出会いにまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

どこから迎える?

我が家にはいろんな出会いで家族になったちわ達がいます。

初めて「犬と暮らそう!」と決めたとき、
犬を飼っている友人や、トリマー見習いの友人の話を聞き、
本を読んで、ショップをまわり、
やっぱりブリーダーさんから迎えよう!と決めました。

そうやって迎えた子がメイプル。

ブリーダーさんから迎えた子は、激しい夜泣きをしますね。
グオ〜ングオ〜ンって。(笑)

それはそう。
だって今日、ママとお別れしてきたばかりなんだもんね。
メイプルはもともと臆病な子だったかもしれないけれど、
ゆっくりゆっくり仲良くなりました。

ペットショップから迎えた仔犬は無邪気。
程なくお家に馴染みます。
いくら臆病な子でもすぐに仲良くなれますね。
もちろん性格は様々です。

ペロピーは、ショップから迎えました。
今ほどどこのお店にもチワワがいると言うような、メジャーな犬種では無かったし、
ブリーダーさんに問い合わせても今はいないという状況でした。
なにより急を要していたし、娘の手の中に天使を乗せてやりたかった。
(詳しくはカテゴリ・最大事件・盗難の話をお読み下さい。)

もっともペロピーとの「出会い」は運命だったと信じてもいるけど。

ドレミとの出会いも同じショップ。
ペロピーから警戒されながらもくっ付いて回る天真爛漫な子。
ただ、抱っこ散歩期に怖い思いをしたのがトラウマか、
警戒心の強いガウガウさんに変身してしまった!
本当は一番聞き分けの良い子なんだけど・・・。
保護者の責任。

我が家で生まれたナチュとピチュ。
ペロピーの娘達ですが、お家で生まれた子は、警戒心ゼロ?
何をされても怒らないし、初めての人も平気です。
赤ちゃんの時、沢山のお友達が尋ねてくれたので、
社会化がうまく行ったのかもしれませんね。

それから、里親募集・・・。
動機は限りなく不純。(^_^;;
「メイプルに似ている」と言うかなり自己中な理由で
チワワフォーラムの里親募集に飛びつきました。
きなこ。
そして一緒にお預かりしたジョンジョン。
きなこ1歳4ヶ月、ジョン2歳2ヶ月でした。
お迎えに行った時は、ベッドや棚の下に隠れてしまい、
元飼い主さんから引き離す事に限りない罪悪感を覚えました。顔(汗)
それでも娘の胸にしがみついたきなこ。
一度抱っこされたらすっかりおとなしくなったジョン。
今では2匹とも、すっかり我が家の一員だけど、前のお家では外との接触が無かったらしく、
今でも知らない人や犬は苦手です。

成犬を迎えることを「大変」と言う人もいるけど、
迷子犬を引き取るのと違い、前の生活や、年齢、性格などが聞けるので
幸せなケースだったのかもしれない。

きなこ  2005・1・5.jpg

きなこ 2006-05-28.jpg

↑きなこ。

ジョンジョン 2004・秋.jpg

ジョンジョン 2 2006-2-17.jpg

↑ジョン。

今日は「チワワフォーラム」の、今現在里親募集中の2匹のことが気になって、
こんな事を書いてみました。
私に体力と財力があったらなぁ・・・なんて。

犬を飼いたいけど仔犬は無理・・・とか言う方が身近にいたら良いのに・・と思ったりします。
思い当たる方、いませんか?

そんな訳で、新参ハネルとの出会いの話は次回パート2と言うことで・・・。

PS・・・この記事にチワワフォーラムの里親募集の記事を
トラックバックさせたかったのですが、
逆にあちらにトラックバックしてしまいました〜!(>_<)
加えて削除方法がわかりません!
興味を持ってくださった方、こちらからお願いいたします!↓

http://blogs.yahoo.co.jp/chihuahua_forum/34851800.html



里親募集について、続きを読む
ニックネーム ふーあ at 15:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 出会いにまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

チワワとの出会い メイプル編

meipulu.jpg

さて、23区の北の端っこの

ブリーダーTさん のお店まで見に行った チワワ。

前日に交配したと言う、パパチワワ (笑) だけを見て予約をしてきた私。

「2週間もすれば赤ちゃんが出来たかどうか判るから」

と言われたので、待ちきれずお電話をかける。

「まだ判らない」

と言われ、数日後にまたかける。(^_^;;
我ながらしつこいです!! (笑)

そうこうするうち、
出産予定日を待たず、 ブリーダーTさんより連絡が入りました。
さすがに煩かったかな?

「ブラックタンじゃないんだけど、知り合いのブリーダーで残そうと思ってた子、
3ヶ月になるんだけどどうですか?めっちゃくちゃ可愛い!保証するよ。」

こうして顔も見ぬまま

喉から出る手に迎えられ

我が家にやってきたのがメイプルでした。

そりゃあもう、可愛いのなんのって、
仔犬って、どうしたらいいか判らないくらい可愛いですよね。
犬種選びからショップ巡り、何ヶ月もかかってやっと出会えた子。

チャーミ オブ マルシゲ

1996・7・4 生まれ フォーン ♀ 

メロメロの chihuahua life の始まりでしたが・・・。



ニックネーム ふーあ at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 出会いにまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

チワワとの出会い

八ヶ岳 グランドにて10 2005-08-28.jpg

当時の我が家は小学3年生の娘と私の二人暮らし。
娘は学校が終わると、「学童クラブ」と言う、放課後教室のようなところに通っていましたが、それも4年生になるとなくなります。

そこで、ひとりっこの娘の妹に・・・と考えたのが、
小さな犬を迎えよう、と言うことでした。

私の勤め先に、トリマーの学校に通いながらアルバイトに来ている子がいたので、お勧め犬種を聞いてみたところ、お勧めは置いておいて、彼女の夢は
グレートピレネーズと
ロングコートチワワを飼う事
だと言うのです。

ロングコートチワワ!?
いや〜、初耳だったんです。(笑)
チワワと言えば小さい頃に妹の友達の家で見た、つるんとしてやせた仔犬のようなぷるぷる震える・・・。
今思えばあの子はフォーンのスムースちゃんでしたね。

で、俄然興味がわいてきました!
ロングコートチワワって?ロングコートチワワって?(わくわく!)

以来、犬図鑑・チワワの飼育本・しつけ本・犬雑誌を読み漁り。
ペットショップめぐりをするも、本物とは巡り会えず。
とうとうJKCさんに電話しちゃいました。(笑)
そしてやっと手に入れた、都内唯一のブリーダーさんの電話番号!
今でこそ、都内にもブリーダーさん(?)は沢山いらっしゃいますが、
当時はホントに少なかったのでした。
しかも「本当は教えられない」とおっしゃるのを拝み倒した私。
23区の西のはずれから、23区の北のはずれまで、行ってきました、
チワワを見たい一心で!!

初めて見る本物!
しかもいっぱい!
可愛くて可愛くて。
スムースにも惹かれていた私ですが、娘の希望でロングコート、中でも
ブラックタンを熱望。

昨日交配したと言う、しかも何故だかレッドで♂(笑)のBABYちゃんを予約して帰宅しました。

おいおい、2ヶ月先だってば・・・。Clap

続きは次回!(笑)
ニックネーム ふーあ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 出会いにまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする